· 

目立つのが嫌い!みんなと違うと不安になる過剰に周囲とのバランスを気にしてしまう生きづらさから抜けるための解決策

目立つのが嫌いで、何事にも周囲とのバランスを考えてしまう。

 

周囲の景色に紛れたくなるぐらい、目立つことに抵抗ある人は

 

周囲の事をよく見て、振る舞いさえも意識して目立たないように心がけているため疲れてしまいます。

 

今回は目立つのが嫌いな人のお悩みです。

 

 

ご相談内容

 

 

目立つのが極端に嫌い。

 

別に褒められるために意見を伝えたのでは無くて

 

みんなが仕事しやすいように伝えただけなのに、褒められたり目立つと、なぜか心がざわつく。

 

みんなからイイネと言って貰いたいとか・・・

注目を浴びたいとか・・・

凄いね・・・なんて言われると、どうして良いのか解らなくなる・・・

 

滅多に発言しないから、目立ってしまったのか・・・

 

目立つのが嫌いだしみんなと違うと怖くなる。

 

みんなと違う事をとても気にして、周りの人たちの平均で居ようと心がけている。

良くても目立つ。

悪くても目立つ。

 

いつも真ん中ぐらいの位置に居たい。

 

出来れば、居たっけ?と聞かれるぐらいがちょうど良い。

 

忘れ去られるときも多い・・・

 

この前のみんなでお茶の時、確か5人居たはずなのに、一人だけ名前が出てこない・・・もう一人は誰?と

言われるときは、ほぼ、私。

 

 

人からは「忍者?みたいだね」と、からかわれる時は、反対に目立ってしまったと思い

気付かない様にし過ぎるのも、目立ってしまうので工夫するのに気を使う。

 

 

小さい頃から、大人しい、目立たないと言われて来たけれど

それがちょうど、心地良い。

 

 

職場では、本当は裏方だけやりたいけど、上司から現場3年目なのでリーダーとしての役割も果たして下さいと

伝えられてしまった・・・そんなの出来ない・・・

 

 

プレゼンの時はいつもドキドキしながら注目されている事が辛くて

体調悪くなるぐらい緊張と力が入ってしまう。

 

 

目立ちたくない。

 

みんなと違う意見を求められたり、目立つとなんか不安がよぎってしまう・・・

 

どうすればいいのだろう。

 

 心の負担かかる・・・目立つのは困る。

 

 

 目立つことに、不安やざわざわするような感覚、怖さがあると

周りとの行動をとても合わせます。

 

合わせることに対して抵抗は無いものの、仕事では、合わせてばかりいると

不都合が起きてストレスになることありませんか。

 

みんなと違う、目立つのが極端に嫌う事を避けていると、ストレスかかります。

 

なぜ?目立つのが嫌いだったり、みんなと違うと不安になるのか・・・それは次のような経験があります。

 

 


極端に目立つことを嫌う心理は

極端に目立つことを嫌う、みんなと違うのを怖れるのは、

 

目立つのを嫌う心理

 

1 他の人から見えてしまうと危ない、目立つことは危険に繋がる経験がある

 

2 できるだけ目立たないようにして居たほうが安全と教えられた

 

3 私(身内や家)は恥ずかしいという経験や想いがある

 

などの影響から、本当の自分を隠したいためにしています。

 

 

あまりにも、平均を取るように気を使うため、心のエネルギーを使います。

 

学校の成績も悪くも良くも無い真ん中あたりに位置するようにします。

 

服もおしゃれも、一緒に居る人たちに合わせて真ん中ぐらいを目指してしまいます。

 

会話も何も話さない事はなく(話さないことで目立ってしまう)、あくまでも周りに合わせて

話をしているため、『平均』に意識して疲れていませんか。

 

あまりにも平均的になろうとすると、生きにくくもなります。(ストレスになる)

 

 

目立ったために、何かしら被害を受けたり、心傷ついたり、笑われたり、辛かった経験や

他の誰かのそんな様子を見て

自分も「あんなふうになったらどうしよう・・・」と心配した経験があると

目立つのが嫌いになります。

 

 

目立とうとして目立ったことでは無いのに・・・他の人から、ひがまれたりすると

そっとして置いて欲しい気持になりますよね。

 

ただ、このまま、あまりにも目立たなくしていると、困ってくるのではないでしょうか。

 

それでは、目立つ事に不安にならないためにはどの様にすれば良いのでしょうか。

 

 

 

 


本当の自分を見せるのは心が傷つく?こころが繊細だから傷つきやすい

本当の自分を見せるのは、心が傷つくのでは無いかと心配されていませんか。

 

とても繊細な人は、本当の自分を見せないことが安心、安全に繋がるように考えたりします。

 

それは、本当の自分を見せない事(目立たないようにする)は、心から親しい間柄を作らない事にもなります。

 

あなた自身の本来の良さも、他の人から見ると解って貰えないケースもあります。

 

親しい人に「私ちょっと、繊細なの」と伝える事は悪いことではありません。

 

自分を理解して貰ういい機会にもなります。

 

そして、繊細だからこそ心が傷つきやすいのは恥ずかしいことでは無いですよ。(悪いことでは無い)

 

シャイでナイーブは、それは、あなたの魅力の一つです。

 

繊細なあなたが、もし仕事のリーダーを任されたのならば、周りの誰かと同じようにリーダーシップを取り

無理をして変るのでは無く、繊細なあなたらしくやり方があります。

 

協力やお願いを工夫しながら舵を取る方法もあります。

 

 

 

そうして、少し少し、自分を見せて行く事で、目立つ事、みんなと同じという意識を減らしてみませんか。

 

自分から伝えることに抵抗があるのでしたら、それはカウンセリングで解決出来ます。

 

よろしければ、お気軽にご相談下さい。

 

いつでもお待ちしていますね。